RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト
ロゴまずは、 ブログランキング人気blogランキング広島ブログ にクリックしてランキングにご協力を 広島市の不動産(賃貸物件・売買物件)物件情報をご案内。アパート マンション戸建ペット可新築分譲駐車場付シングルファミリー転勤お任せ下さい。

一定期間更新がないため広告を表示しています

このブログ参考になった!(おもろかった!)と言う方はクリックして下さい。
感謝! m(_ _)m

             author:スポンサードリンク, category:-,
日本の文化・・・「十三参り」
ロゴまずは、 ブログランキング人気blogランキング広島ブログ にクリックしてランキングにご協力を 広島市の不動産(賃貸物件・売買物件)物件情報をご案内。アパート マンション戸建ペット可新築分譲駐車場付シングルファミリー転勤お任せ下さい。
“なぜ十三歳の少女が主役か”     四月十三日
 
陰暦三月十三日に数えで十三歳になった少年・少女が、虚空蔵菩薩にお参りして、知恵と福徳を授かった年中行事。「知恵もらい」とも言う。 十三歳と言うのは生まれ年の干支が初めて巡ってきた年齢である。
同様の年祝いでも七五三が東京等関東で盛んなのに対して、十三参りは関西で盛んである。 特に京都市嵯峨の法輪寺は「嵯峨の虚空蔵さん」と呼ばれて親しまれ、現在は四月十三日に晴れ着を着た沢山の少女達で賑わう。
京都市中から父母に付き添われて法輪寺にお参りするには、渡月橋で桂川を渡る人が多い。 お参りが済んで帰るとき、渡月橋を渡りきらない内に振り返ると、授かった知恵と福徳は消え失せると言われている。
十三参りが行われる様になったのは、江戸中期の1773年(安永2)という。 当時、数えで十三歳と言うのは、男女とも大人への門口に立った年頃と考えられた。 少女なら初潮の始まる年齢とされ、赤い腰巻を貰って着用した。 少年には六尺褌で、この後はこれを締める。
十三参りは伊勢市の金剛証寺、福島県柳津町の円蔵寺、茨城県東海村の村松虚空蔵堂はか、全国各地で行われる。 微妙な年頃にある我が子がしっかりと物事を理解・判断できる様、虚空蔵菩薩に願った。

 

このブログ参考になった!(おもろかった!)と言う方はクリックして下さい。
感謝! m(_ _)m

             author:六文銭, category:日本の文化, 06:42
スポンサーサイト
ロゴまずは、 ブログランキング人気blogランキング広島ブログ にクリックしてランキングにご協力を 広島市の不動産(賃貸物件・売買物件)物件情報をご案内。アパート マンション戸建ペット可新築分譲駐車場付シングルファミリー転勤お任せ下さい。

このブログ参考になった!(おもろかった!)と言う方はクリックして下さい。
感謝! m(_ _)m

             author:スポンサードリンク, category:-, 06:42