RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト
ロゴまずは、 ブログランキング人気blogランキング広島ブログ にクリックしてランキングにご協力を 広島市の不動産(賃貸物件・売買物件)物件情報をご案内。アパート マンション戸建ペット可新築分譲駐車場付シングルファミリー転勤お任せ下さい。

一定期間更新がないため広告を表示しています

このブログ参考になった!(おもろかった!)と言う方はクリックして下さい。
感謝! m(_ _)m

             author:スポンサードリンク, category:-,
日本の文化・・・「巡 礼」
ロゴまずは、 ブログランキング人気blogランキング広島ブログ にクリックしてランキングにご協力を 広島市の不動産(賃貸物件・売買物件)物件情報をご案内。アパート マンション戸建ペット可新築分譲駐車場付シングルファミリー転勤お任せ下さい。
“各地に生まれた巡礼コース”
 
 聖地・霊場に詣でる巡礼は世界の主要な宗教に見られ、巡礼を果せば日頃の祈願が叶うと考えられた。
 キリスト教のエルサレム、イスラム教のメッカ、仏教ではブッダゆかりの四大聖地(生誕の地・ルンビニー、悟りの地・ブッダガヤー、初説法の地・鹿野苑、入滅の地・クシナガラ)があり、ブッダの死の直後から巡礼は行われた。
 日本人にとってインドは遠いが、真如法親王(高丘親王)は入唐中の865年(貞観7)に、インド巡礼を企てて途中で死去された。 日本人にはインドや中国の聖地に巡礼するのは困難なので、代わりに一定の宗教的な枠組みに基づく諸寺の巡拝が行われた。
 清和天皇は876年に譲位して、直ぐ山城(京都府)・大和(奈良県)・摂津(大坂府)の諸寺を巡っている。 これ以後は南都七大寺・熊野三山詣でが盛んだが、巡拝したのは貴族である。
 西国三十三所巡礼が確定するのは、遅くとも1161年(応保1)の園城寺の僧・覚忠からである。 一番の青岸渡寺(和歌山県那智勝浦町)に始まり、三十三番の華厳寺(岐阜県揖斐川町谷汲)で終わる三十三の観音霊場巡りで、覚忠はこの巡礼に七十五日を要した。
室町時代には七観音や洛中三十三所観音の様な庶民にも容易な巡礼コースができ、益々盛んになった。
 更に、大師信仰に基づく四国八十八ヶ所が江戸時代に整った。 真言僧の信然は、延宝・天和期(1673〜83)に四国霊場を十数回踏査して「四国遍礼霊場記」を著わし、空海ゆかりの霊場八十八ヶ寺を定めた。
 現在の区分で言うと、徳島県(阿波)二十四寺、高知県(土佐)十六寺、愛媛県(伊予)二十六寺、香川県(讃岐)二十二寺である。
 その一方で、京都に仁和寺の「御室八十八所」の様に寺内を一巡するだけで八十八ヶ所巡りができたり、「八十八体仏」を安置する寺も各地に生まれた。
 同時に、坂東三十三ヶ所・秩父三十三所・江戸三十三所・小豆島八十八ヶ所・佐渡八十八ヶ所ほか、各地に新しい霊場巡りが組み立てられ、こうしたことが四国八十八ヶ所への巡礼熱を煽って、文化・文政期(19世紀初め)には巡礼者はピークに達する。
 巡礼は、勿論信仰に動機付けられて行われるが、平安時代の天皇の時から遊楽も含まれていて、これは江戸時代も現代も変われない。 遍路が沢山行き交うのは農閑期と言う事もあるが、一番旅に快適なのは三月から五月である。
 白木綿の衣に金剛杖を手に同行二人(弘法大師と道連れ)と記した菅笠を被って巡り、寺では札を納め、教をあげて納経帳に寺の法印を捺して貰う。
 過っては四国巡礼には四十日前後もかかり、遍路達はこの苦楽の日々を重ねる中で確実に「救い」に近づいていると感じる事が出来た。
 

このブログ参考になった!(おもろかった!)と言う方はクリックして下さい。
感謝! m(_ _)m

             author:六文銭, category:日本の文化, 18:02
スポンサーサイト
ロゴまずは、 ブログランキング人気blogランキング広島ブログ にクリックしてランキングにご協力を 広島市の不動産(賃貸物件・売買物件)物件情報をご案内。アパート マンション戸建ペット可新築分譲駐車場付シングルファミリー転勤お任せ下さい。

このブログ参考になった!(おもろかった!)と言う方はクリックして下さい。
感謝! m(_ _)m

             author:スポンサードリンク, category:-, 18:02