RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト
ロゴまずは、 ブログランキング人気blogランキング広島ブログ にクリックしてランキングにご協力を 広島市の不動産(賃貸物件・売買物件)物件情報をご案内。アパート マンション戸建ペット可新築分譲駐車場付シングルファミリー転勤お任せ下さい。

一定期間更新がないため広告を表示しています

このブログ参考になった!(おもろかった!)と言う方はクリックして下さい。
感謝! m(_ _)m

             author:スポンサードリンク, category:-,
日本の文化・・・「茶 道」   5/07
ロゴまずは、 ブログランキング人気blogランキング広島ブログ にクリックしてランキングにご協力を 広島市の不動産(賃貸物件・売買物件)物件情報をご案内。アパート マンション戸建ペット可新築分譲駐車場付シングルファミリー転勤お任せ下さい。
“千利休から多くの流派が”
 
 過っては「茶の湯」と言われていたが、江戸初期に儀礼化・芸道化を強めて「茶道」と呼ばれた。
 鎌倉末期から行われた「闘茶」は、茶の産地を当てるギャンブル的な茶寄合いであったが、室町末期に酒宴や賭博制を排し、貴族や禅僧の生活文化を凝縮した閑雅な小座敷で茶を楽しむ風習が生まれた。 これを野純化・発展させたのが村田珠光である。
 珠光は大徳寺の一休宗純に禅を学び、前実の濃厚な侘び茶を創始した。 その茶の世界は孫弟子「竹野紹鴎」から「千利休」へと継承され、大成された。
 利休自身は、「茶の湯とは、ただ湯を沸かし茶を点てて飲むばかりなる事と知るべし」と表現している。 
 茶道の諸流派が活発になるのは、利休の孫「千宗旦」以後である。 宗旦は利休の遺跡・遺物を守り、利休の茶の湯の正統を掲げていたが、江戸初期に利休と旧知の大名や大徳寺僧を中心に利休敬慕が高まり、利休を茶聖とする考えが生まれた。
 此処から利休血脈の表千家(不審庵)・裏千家(今日庵)・武者小路千家(官休庵)又、千利休の道統と関わりを持つ宗偏流・薮内流・久田流・堀内流や遠州流など、茶道の諸派が成立し、夫々家元として現代にも栄えるに至っている。
 

このブログ参考になった!(おもろかった!)と言う方はクリックして下さい。
感謝! m(_ _)m

             author:六文銭, category:日本の文化, 06:04
スポンサーサイト
ロゴまずは、 ブログランキング人気blogランキング広島ブログ にクリックしてランキングにご協力を 広島市の不動産(賃貸物件・売買物件)物件情報をご案内。アパート マンション戸建ペット可新築分譲駐車場付シングルファミリー転勤お任せ下さい。

このブログ参考になった!(おもろかった!)と言う方はクリックして下さい。
感謝! m(_ _)m

             author:スポンサードリンク, category:-, 06:04